破傷風ワクチン

命に関わる病気「破傷風」

破傷風菌が傷口などから入り込み、神経に働く毒素を出してけいれんなどを引き起こします。多くの場合、呼吸をするための筋肉や喉がけいれんし、人工呼吸器が必要になります。発症すると死亡率は30~50%になるとされ、命に関わります。
 特に新生児の死亡率が約80%と高く、1988年には世界で約78万7000人の新生児が死亡したと推定されています。その後、ワクチン接種や衛生的な出産などが進められ、多くの国で死者数が激減しました。
 破傷風菌はヒトからヒトへは感染しませんが、土などに含まれます。日本では現在、年間約100人が破傷風を発病し、うち5~9人が亡くなっています。予防にはワクチンが有効です。
※病気の詳細はこちら

生後3カ月~12歳に5回接種

ワクチンは、市町村が費用を負担する「定期接種」で、生後3カ月~12歳に計5回、接種します。
一般的には、4種混合ワクチンを生後3カ月~12カ月の期間に3回、その12カ月~18カ月後に4回目を接種します。最後に2種混合ワクチンを11歳~12歳の期間で1回接種します。 また、大人がけがをした場合、子どもの頃に予防接種で獲得した免疫が弱まっている可能性があるため、破傷風を予防するために医師の判断でワクチンを接種することがあります。
 継続的に免疫を保持するためには、約10年ごとの追加接種を行うことが望ましいとされています。

3回のワクチン接種でほぼ100%の人に免疫

 3回のワクチン接種でほぼ100%の人が十分な免疫を獲得すると報告されています。

ワクチン全般における副反応の種類と対策・対応

 ワクチンを接種した後に、腫れや痛みなどの症状がでることがあります。この好ましくない症状を「副反応」と呼びます。副反応が起こる原因の多くは、ワクチンで免疫を得るために起こしている免疫反応と考えられますが、ワクチンとの関連が不明瞭なものもあります。
ワクチンを接種後、よく見られる症状に以下のようなものがあります。
【注射した場所にみられる症状】腫れ、赤み、痛み、など
【全身の症状】発熱、だるさ、筋肉痛、頭痛、など
これらの症状は自然に治る軽い症状であることがほとんどですが、症状が重い場合にはかかりつけ医に相談してください。
一方で、まれに以下のような重い副反応が起こることもあります。 
おう吐、じんましん、失神、アナフィラキシー、けいれん、など。
また、4種混合ワクチンと3種混合ワクチンを接種した場合には、接種した部分を中心に強い赤みと腫れの症状がみられることがあります。
 これらの症状が出た場合は、医師による適切な処置が必要です。万が一、重い副反応が現れた場合に迅速に対応できるよう、ワクチンを接種した後はその場でしばらく様子を見ること、帰宅後もすぐに医師と連絡をとれるようにしておくことが必要です。
 ワクチン接種によって重い症状などが出た場合は、救済制度があります。申請方法については、かかりつけ医やお住まいの市町村にご相談ください。
 ワクチンを接種した後に重い症状が出た場合は、その原因がわからなくても「副反応の疑い例」として、厚生労働省に報告し集約され、今までわかっていなかった副反応を発見することにも役立てられます。気になる症状があれば、かかりつけ医に報告・相談するようにして下さい。

トキソイドというタイプのワクチン

破傷風のワクチンはトキソイドと呼ばれるタイプで、破傷風菌が生み出す毒素を無毒化したものです。国内の定期接種で使われる「4種混合ワクチン」「3種混合ワクチン」「2種混合ワクチン」はそれぞれ下記の病気のワクチンが混合されていて、いずれも破傷風トキソイドを含んでいます。また、他の種類のワクチンを含まない「単抗原ワクチン」もあり、任意接種や破傷風の治療で使われます。
 
<4種混合ワクチン>
・ジフテリア
・百日せき
・破傷風
・ポリオ
<3種混合ワクチン>
・ジフテリア
・百日咳
・破傷風
<2種混合ワクチン>
・ジフテリア
・破傷風
<4種混合ワクチンを製造しているメーカー>
・KMバイオロジクス株式会社
・一般財団法人阪大微生物病研究会 (50音順)
<3種混合ワクチンを製造しているメーカー>
・一般財団法人阪大微生物病研究会
<2種混合ワクチンを製造しているメーカー>
・一般財団法人阪大微生物病研究会 
<単抗原ワクチンを製造しているメーカー>
・武田薬品工業株式会社
・デンカ株式会社
・一般財団法人阪大微生物病研究会(50音順)

参考文献
* 国立感染症研究所ホームページ“破傷風とは” https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/466-tetanis-info.html
* 竹下望.「あなたも名医!エキスパートたちが教える!ワクチン〈総整理〉」(あなたも名医!Jmed68).日本医事新報社.2020.P98
* 公益財団法人予防接種リサーチセンター「予防接種実施者のための予防接種必携2019」2019.P64
* 日本ワクチン学会「クチン基礎から臨床まで」.2018.P40
* 日本小児科学会.「日本小児科学会の「知っておきたいワクチン情報」予防接種の副反応と有害事象」.2018.参考2021.04 

執筆:2021年6月
文責:一般財団法人阪大微生物病研究会

感染症

  1. トップトップ
  2. 破傷風ワクチン